外張り断熱&二重通気構法の家環境に優しいゼロの家イメージ

健康と住まいを大切にする方へおすすめします!結露を防ぐ外張り断熱と二重通気構法。

外張り断熱&二重通気構法とは、外壁と屋根を断熱材ですっぽり覆って外壁と内壁の間に通気のための隙間を張り巡らす構法です。ここに空気を循環させることによって室内はもちろん構造内部の結露を防ぎ、住む人と同時に住まいそのものの健康も保つことができる構法です。

住まいと健康に影響をおよぼす結露を防止

外張り断熱と二重通気構法「時代の家」の家づくりは、新潟県の気候風土に合わせたものです。それは、寒暖の差が激しく、結露が生じやすいこの地域に対応できる家でなければ短寿命に終わってしまうからです。
そこで、私たちが導入しているが「外張り断熱&二重通気構法」です。これは土間コンクリート防湿基礎による基礎断熱と外断熱方式による二重通気構法を組み合わせたもので、壁体内結露を防止できる仕組みです。結露が生じにくいため、家屋がむしばまれることなく長持ちし、住む人の健康も守ることができます。 また時代の家では、全棟構造計算を行い、壁倍率4.0倍の強度を確保した耐震設計となっております。 どうぞ、ご安心ください。

24時間換気システムの仕組み

24時間換気システム
※クリックで拡大

24時間換気とは、屋外から取り込んだ新しい空気を、いったん床下空間へと取り込み、内通気層より各部屋へ運ばれて、建物全体で0.5回/h(1時間に0.5回空気が)入れ替わる当社独自の換気システムです。

また、夏の屋根裏の熱された空気は、妻換気により屋外へ排出されます。
 
▲ページの先頭に戻る