新潟の四季と、今の時代に即した快適さを持つ、究極の高性能住宅

体感ショールーム 無料宿泊体験受付中!

高気密・高断熱で夏は涼しく冬は暖かな基本ブランド「ゼロの家®」をベースに
さらに高性能な商品ブランドもご用意しております。

 弊社は、これまでもZEH基準を上回る仕様を持つ住宅を「ゼロの家®」ブランドとして建築してまいりました。
 「ゼロの家®」は、弊社独自開発の全館暖房「ハイブリッドどまだんシステム®」を搭載し、省エネで温度差がなく、住む人にとっても建物にとっても健康で長寿命な住宅として、新潟の多くのお客様に喜ばれております。
 
 この度、弊社では「ゼロの家®」ブランドに加え、その性能をさらに上回る「プラスの家®」と「Wプラスの家®」の販売も開始することに致しました。これら新しいブランドでは、「ゼロの家®」をベースとしながらも、「プラスの家®」では、UA値0.48+耐震等級2(学校や病院と同等の耐震仕様)に。「Wプラスの家®」では、UA値0.34+耐震等級3(消防署や警察署等の耐震基準で、震度7でも倒壊しない)の高性能住宅となります。また両プランともに、無垢材の床を標準仕様としております。

改正省エネ基準の地域区分一覧

地域区分
地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
H25標準
(W/m2・K)
0.46 0.56 0.75 0.87
ZEH標準
(W/m2・K)
0.40 0.50 0.60
HEAT20 G1標準
(W/m2・K)
0.34 0.38 0.46 0.48 0.56
HEAT20 G2標準
(W/m2・K)
0.28 0.34 0.46

改正省エネ基準の地域区分

新潟エリア

時代の家 NIIGATAの商品ラインナップ

商品ラインナップ
共通仕様:ハイブリッドどまだんシステム®
EZH住宅UA値0.55
EZH住宅UA値0.48
耐震等級2
床無垢材
EZH住宅UA値0.34
耐震等級3
床無垢材

※耐震性能はご希望により高めることも可能です。

年間光熱費算出比較(東北電力「よりそうプラスないと10」電気料金で算出)

電気料金シミュレーション試算結果
新潟エリア(5地域)に
おける省エネルギー基準
ゼロの家®
電気料金/年間合計 248,815 144,840
電気料金/月平均 20,734 12,070
「ゼロの家®」ランニングコスト:144,840円/年
基本料金 22,680円
冷暖房料金 20,606円
エコキュート 17,554円
IHクッキングヒーター 18,000円
一般電灯 66,000円
合計 144,840円
オール電化住宅ランニングコストシュミレーションデータ(YKK AP技術開発センター)

使用ソフト:SMASH(住宅の熱価計算プログラム)/(財)BEC
※延床面積/111.54m2(33.74坪)を想定
※電力量単価(やりくりナイト10)を使用
※太陽光発電3.8kw搭載
※暖房設定温度:20℃、冷房設定温度:27℃、
 冷房設定湿度:60%
※実際の光熱費は、お客様の立地・敷地条件、プラン、生活スタイルなどによって異なります。
 「ゼロの家®」は、必ず光熱費ゼロをお約束するものではありません。

ZEH住宅の基準を満たす「時代の家niigata」の基本コンセプト

全館暖房で温熱環境のバリアフリーを実現する
「ハイブリッドどまだんシステム®」

ハイブリッドどまだんシステム®

 24時間全館暖房を可能にしている「ハイブリッドどまだんシステム®」。家屋全体を均一に暖めることにより、冬のヒートショックから家族を守るだけでなく、室内や壁の内部にも結露を生じさせないため、構造体を傷めず長寿命の健康住宅になれます。
 また、大気熱利用のヒートポンプ方式と夜間電力の有効活用で、気になる冬場のランニングコストも安心です。

これからの住まい「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

 BELSにおいては暖冷房、換気、給湯、照明設備を対象として算出した設計一次エネルギー消費量が、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減され、かつ、暖冷房、換気、給湯、照明設備に自家消費分及び売電分を含めた再生可能エネルギーを加えて算出したものが、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されている場合に、「ゼロエネ相当」の表示を行うことができるとしています。
 弊社では、全商品においてBELSの最高ランク(5つ星)の省エネ基準を満たす仕様になっています。
※BELSの認証を受けるための審査には、別途費用がかかります。

住宅性能表示制度に基づく
等級表示
BELSに
おける表示
時代の家niigata
A様邸
一次エネルギー
消費量等級
省エネ基準からの削減率
20%
☆☆☆☆☆ 省エネ基準からの削減率
51%
省エネ基準からの削減率
15%
☆☆☆☆  
等級5(最高等級)
省エネ基準からの削減率
10%
☆☆☆
等級4
〈省エネ基準〉
☆☆

※時代の家niigata A様邸にて算出しております。

BELS

こだわりの耐震性能/全商品にて
「全棟構造計算」「全棟気密試験」を実施

 省エネ性だけでなく、耐震性も永く住み続けるために重要なポイントとなります。弊社では、全商品の建物に対して「構造計算」をし、さらに「気密試験」も実施しております。
 
 従来の木造構法では、接合部の仕口加工による断面欠損が耐震化を図る上で大きな弱点となっていました。特に通し柱での断面欠損が大きく、過去の大地震にもこの部分で曲げ破壊が発生し、建物が倒壊する事例が多く見られました。
 しかし、弊社では、HSフレームシステム構法を採用。断面欠損が小さい仕口を用いることで十分な耐震強化を実現しています。

気密試験
木造住宅構造計算書

気密試験
気密試験

HSフレームシステム構法
HSフレームシステム構法

地震に強い家をつくる代表的な工法

耐震工法

建物の骨組みなどを強くし、地震の揺れに耐える工法。長期有料住宅では、等級2か最高等級3が必須となります。

地震に強い

耐震等級3

消防署・警察署レベル
建築基準法の1.5倍の強さ 最高等級

耐震等級2

災害時の避難所となる病院・学校のレベル
建築基準法の1.25倍の強さ

耐震等級1

建築基準法のレベル 一般的な住宅の基準

ゼロの家®ZEH基準住宅(UA値0.55)

基本仕様(設計フリー)

ハイブリッドどまだんシステム®
ZEH住宅(UA値 0.55以下)
耐震等級1 ※耐震性能はご希望により高めることも可能です。
樹脂サッシ/Low-E 複層ガラス(アルゴンガス入)

価格の目安

1,850万円〜(税別)

ゼロの家®

施工事例など

  • ゼロの家®
  • ゼロの家®
  • ゼロの家®
  • ゼロの家®
  • ゼロの家®

プラスの家®ZEH基準住宅(UA値0.48)・耐震等級2

基本仕様(設計フリー)

◎HEAT20 G1水準
ハイブリッドどまだんシステム®
ZEH住宅(UA値 0.48以下)
耐震等級2 ※耐震性能はご希望により高めることも可能です。
床無垢材
樹脂サッシ/Low-E 複層ガラス(アルゴンガス入)

価格の目安

2,100万円〜(税別)

プラスの家®

施工事例など

  • プラスの家®
  • プラスの家®
  • プラスの家®
  • プラスの家®
  • プラスの家®

Wプラスの家®ZEH基準住宅(UA値0.34)・耐震等級3

基本仕様(設計フリー)

◎HEAT20 G2水準
ハイブリッドどまだんシステム®
ZEH住宅(UA値 0.34)
耐震等級3
床無垢材
樹脂サッシ/真空トリプルガラス

価格の目安

2,350万円〜(税別)※北海道基準の超あったかZEH仕様

Wプラスの家®

施工事例など

  • Wプラスの家®
  • Wプラスの家®
  • Wプラスの家®

▲ページトップへ