環境と健康に優しいゼロの家環境と健康に優しいゼロの家イメージ

快適さ・健康・環境・ランニングコスト。全てに応える「ゼロの家」誕生!

ゼロの家 当社独自開発の全館暖房システム=「ハイブリッドどまだんシステム®」をベースに「太陽光発電システム(オプション)」「オール電化システム」を加え、快適で環境にやさしい「ゼロの家®」が誕生しました。
 夏は涼しく、冬は暖か。しかも光熱費は限りなくゼロに近い理想的な家を皆様にご提供いたします。
「ゼロの家」概念図
 住まいの熱損失を極力抑えて冷暖房効率を上げ、再生可能エネルギーであるヒートポンプ方式を効率的に活用することで、家庭でのエネルギー消費を極限まで低減させ、太陽光発電による余剰電力買取制度の利用で、年間にかかる電気料を相殺し、より地球環境を意識しながら、光熱費をトータルで0(ゼロ)を目指す住まい、それが「ゼロの家®」なのです。

ゼロの家®は、標準仕様で"低炭素住宅"認定基準を満たす「高品質住宅」です!

 「低炭素住宅」とは、市街地において建築物の構造自体の省エネ性能を従来より10%以上高め、将来にわたり二酸化炭素の排出を低減する性能を持っていることが、国の基準によって認定された住宅です。
 当社の「ゼロの家®」は、標準仕様で「低炭素住宅」の基準を満たしておりますので、一般的な住宅より熱効率が高く「冷暖房のコストを大きく低減」することができます。また、「低炭素住宅」の認定申請を行うことで税制優遇を受けることも可能です。

3つのシステムで理想のシステムを実現!

ゼロの家高機密・高断熱で大幅なエネルギー低減を図りながら、高効率でクリーンなエネルギーの太陽光発電(オプション)と深夜電力の利用で光熱費がトータルで0(ゼロ)を目指します。

※実際の光熱費は、お客様の立地・敷地条件、プラン、生活スタイルなどによって異なります。「ゼロの家®」は、必ず光熱費ゼロをお約束するものではありません。

光熱費を極限まで抑えた「ゼロの家」の3大メリット

「ゼロの家®」は冬場の室温20度、夏場の室温27度に設定し、湿度をほぼ一定に保ちながらの光熱費ゼロを目指す住宅です。快適さを保ちながら次世代にふさわしい環境対応の住まいとして特許出願中です。

住まいの熱損失を極力抑えて冷暖房効率を上げ、再生可能エネルギーを高効率に活用することで省エネ性にも優れています。また、太陽光発電による余剰電力買取制度の利用でで年間にかかる電気量を相殺することにより、光熱費をトータルで0(ゼロ)にすることを目指すことが可能です。

 

メリット1 住まいの熱損失を極力抑えて冷暖房効率を上げます

ゼロの家®では従来の外張り断熱&二重通気構法の住まいからさらに断熱性をアップさせることによって、改正省エネ基準である「外皮平均熱貫流率=UA値」0.55w/m2K を実現。改正省エネ基準の地域区分において東北地方(3地域)における基準値並の断熱性能となっています。

さらに、オプション仕様(W断熱工法)にすれば、北海道地区を網羅する1・2地域の基準値0.46[W/(m2・K)]を満たすUA値=0.45[W/(m2・K)]にすることも可能です。

改正前の省エネ基準「熱損失係数(Q値)」においても「ゼロの家®」は、1.92[W/(m2・K)] の算出結果を得ており、この数値も東北地域の基準値に匹敵していました。

ハイブリッドどまだんシステムとは

時代の家niigataが長年改良を加えてきた全館暖房システムです。
※「ハイブリッドどまだんシステム®」(特許出願中)。
床下の土間コンクリート部分にパイプを埋設し、ヒートポンプタイプで温めた温水を通して全館暖房の熱源としています。
一般的な床暖房との違いは土間コンクリート全体を温め、その熱を壁内部の通気層に通し、壁、床、天井からの輻射熱により住まい全体を温めていることにあります。
また、深夜電力を使用して温水を作るのでランニングコストも削減できます。
ハイブリッドどまだんシステム®についてのくわしい内容はハイブリッドどまだんシステム®とは?をご覧ください。

ハイブリッドどまだんシステムの特徴

■ 床、壁、天井からの輻射熱でまんべんなく室内を暖め、ヒートショックや塵の飛散が起こらない
■ 住まいからCO2を排出せず、空気を汚さない
■ 壁内結露を起こさず住まいの寿命を延ばす
■ ランニングコストの削減ができる
■ 火災の心配がない
■ メンテナンスフリー
■ 暖房だけでなく、夏も心地良い涼しさで、オールシーズン使用可能

メリット3 ヒートポンプ方式だから、エネルギーの有効利用でランニングコストを抑えます!

ゼロの家ゼロの家®は高気密・高断熱住宅であることに加え、暖房システムには熱効率の高いヒートポンプ方式を採用。そのため、年間でかかる電気費用を大幅に抑えることを実現しています。

このデータは暖房使用時20度、冷房使用時27度、湿度60%を目安とし、もちろん新潟市内の環境を想定しています。延べ床面積がこれより大きな場合は冷暖房費、電灯などの電気代が増えますが、ソーラーパネルを増設し、暖房使用時の設定温度を下げ、冷房の設定温度を上げればさらに節約となります。

オール電化住宅ランニングコスト

オール電化住宅ランニングコスト
シュミレーションデータ
(YKK AP技術開発センター)
使用ソフト:
SMASH(住宅の熱価計算プログラム)/(財)BEC
※延床面積/111.54m2(33.74坪)を想定
※電力量単価(やりくりナイト10)を使用
※太陽光発電3.8kw搭載
※暖房設定温度:20℃、冷房設定温度:27℃、
 冷房設定湿度:60%
※実際の光熱費は、お客様の立地・敷地条件、プラン、生活スタイルなどによって異なります。「ゼロの家®」は、必ず光熱費ゼロをお約束するものではありません。

メリット2 太陽光発電による売電で年間にかかる電気料を相殺します

ゼロの家「ゼロの家®」では、太陽光発電システムをオプションで搭載可能。環境に優しく、よりクリーンな暮らしを目指すお客様には、特にオススメです。新潟では日照時間が少ないと思われるかも知れませんが、夏場に限れば日照量は東京よりも多く、年間を通じても東京の94%もの発電量になります。このシステムで発電した場合、年間の予想節電は141,629円(新潟市内、真南側設置の場合、3.8KW搭載)です。 

初期費用節約のためモジュールの数を減らせば発電量が減り、結果工事費が割高になるというジレンマがソーラー発電にはあります。もしどうしても予算との折り合いが着かない場合は、設計と建物自体の性能だけはソーラー発電を想定した、ゼロの家®仕様とし、後でパネルを設置することも可能です。
 

ソーラー発電趣味レーション 年間予想節約電気料金

毎月更新!「ゼロの家®」実例データ

M様邸 実例データ
家族構成 大人/3人
子供/2人(6歳、0歳)
生活パターン 昼夜混合型
建物性能 ゼロの家®
暖房設備 ハイハイブリッド
どまだんシステム®
オール電化 IHクッキングヒーター
給湯設備 エコキュート 460L
照明設備 LED照明使用
電力契約種別 時間帯別電灯B
(10時間通電) 10kVA
太陽光発電
パネル
5.32KW 搭載
M様邸 実例データ
S様邸 実例データ
家族構成 大人/2人
子供/2人(3歳、0歳)
生活パターン 昼夜混合型
建物性能 ゼロの家®
暖房設備 ハイハイブリッド
どまだんシステム®
オール電化 IHクッキングヒーター
給湯設備 エコキュート 370L
照明設備 LED照明使用
電力契約種別 時間帯別電灯B
(10時間通電) 10kVA
太陽光発電
パネル
3.80KW 搭載
S様邸 実例データ
 
▲ページの先頭に戻る