基礎断熱工事の通気工法に最適な「活性化塗料」新発売!!

 当社にて独自開発した活性化塗料を、この度多くの皆様のご要望に応え、通気工法を行っている住宅関係業者様向けに販売を行うことになりました。10数年以上、当社の工事現場において研究と改良を重ねてきたこの商品は、家全体の空気を活性化する活性化塗料として最適な商品であると自負しております。
 また、今回の販売開始に合わせ「新潟県環境分析研究センター」において当商品の効果測定を行った結果、予想以上の結果を得ることもできました。当社商品にご興味を持たれた方は、どうぞお気軽に当社までお問い合わせください。

■18L缶(約60m2〜70m2) を1缶単位にて販売いたしております。
■根太レス工法の下地材にも塗布可能です。

使用材料と効果

遠赤外線作用で、温熱効果。マイナスイオン効果でストレス等、軽減します!

高級活性炭 ※「炭ちゃん」は、この活性炭により飛躍的な効果を上げています。

 除湿・加湿機能、空気中の汚れや有害物質の吸着、ミネラル効果、遠赤外線効果、マイナスイオン効果、電磁波防止効果など。
 当社では、この活性炭を加えた正規の「炭ちゃん」と、活性炭を加える前段階の塗料とを用い、新潟県環境分析センターにて比較実験を行った結果、その効果に大きな差異が見られることを実証いたしました。(次項目の測定結果を参照)

トルマリン(天然石)

●放電されるエネルギーは人体に非常に有効です。
●人類の生活環境における有害な物質に対応し、無害に変換します。
●空気中の雑菌を瞬間的に減菌し、消臭清浄化します。
●微弱な静電気を発生し、マイナスイオンを放出します。
●遠赤外線を発生します。

コンクリート用水性接着剤

コンクリート用に密着性を向上させた水性の接着剤です。

メチルセルロース

増粘安定剤、食物繊維を独自調合で加え、より使いやすい塗料となりました。

「炭ちゃん」の効果測定結果(新潟県環境分析センター調べ)

(1) 水性炭塗料を塗布したコンクリート板のホルムアルデヒド吸着性能の比較
 
<試験方法>
 内容積4.2Lのポリプロピレン容器(蓋はポリエチレン製)の上部に撹拌用ファンを設置し、容器内に試料及び比較品を設置した後密栓をした。ファンにより撹拌を行い、容器内にホルムアルデヒド水をマイクロシリンジを用いて15μL注入した。ホルムアルデヒド水注入から、10、20、30、40、60、90、120分経過後に検知管で容器内のホルムアルデヒド濃度を測定し、一連の操作を3回繰り返した。

<測定条件等>
試験溶液 純正化学株式会社 ホルムアルデヒド水(ホルムアルデヒド含量:35%)
検知管 GASTEC社製(No91L) 測定範囲/0.1〜40ppm
GASTEC社製(No91M) 測定範囲/8〜6400ppm
室温 23.0度
湿度 38%

<分析結果>
(2) 水性炭塗料を塗布したコンクリート板のトルエン吸着性能の比較
 
<試験方法>
 内容積4.2Lのポリプロピレン容器(蓋はポリエチレン製)の上部に撹拌用ファンを設置し、容器内に試料及び比較品を設置した後密栓をした。ファンにより撹拌を行い、容器内にトルエンをマイクロシリンジを用いて15μL注入した。トルエン注入から、10、20、30、40、60、90、120分経過後に検知管で容器内のトルエン濃度を測定し、一連の操作を3回繰り返した。

<測定条件等>
試験溶液 和光純正工業株式会社 社製 ダイオキシン分析用 トルエン
検知管 GASTEC社製(No122L) 測定範囲/1〜100ppm
GASTEC社製(No122) 測定範囲/5〜690ppm
室温 22.1度
湿度 28%

<分析結果>
(3) 水性炭塗料を塗布したコンクリート板のアンモニア吸着性能の比較
 
<試験方法>
 内容積4.2Lのポリプロピレン容器(蓋はポリエチレン製)の上部に撹拌用ファンを設置し、容器内に試料及び比較品を設置した後密栓をした。ファンにより撹拌を行い、容器内にアンモニア水をマイクロシリンジを用いて5μL注入した。アンモニア水注入から、10、20、30、40、60、90、120分経過後に検知管で容器内のアンモニア濃度を測定し、一連の操作を3回繰り返した。

<測定条件等>
試験溶液 関東化学株式会社 アンモニア水(アンモニア含量:25〜27.9%)
を蒸留水によって2倍希釈したもの
検知管 GASTEC社製(No3L) 測定範囲/0.5〜78ppm
GASTEC社製(No3La) 測定範囲/2.5〜200ppm
室温 22.8度
湿度 23%

<分析結果>
 
▲ページの先頭に戻る