快適な暮らしを実現する“省エネ”リフォーム環境に優しいゼロの家イメージ

快適な暮らしを実現するために断熱改修+太陽光発電の省エネリフォーム

 時代の家niigataでは、「ゼロの家®」で培った新潟の暮らしに
適した家づくりのノウハウを活かし、様々な邸宅のリフォームを
行っています。
 従来よりも快適な暮らしを実現するために、当社の"省エネ"
リフォームをご利用ください。

“省エネ” リフォームの特徴

photo断熱リフォームをすることで、夏は涼しく、冬は暖かな
からだにやさしい住まいを実現します。

 以前の建築技法で建てられた邸宅でも、工夫ひとつで、断熱性に優れた家へとリフォームすることが可能です。
 従来よりも光熱費を大幅に抑え、夏は涼しく、冬は暖かな暮らしを私たちが自信を持っておすすめする"省エネ"リフォームで実現します。

photoクリーンなエネルギー太陽光発電で、光熱費も削減できる
地球にやさしい“省エネ”リフォームを!。

 クリーンなエネルギーとして、ここ数年ますます注目されている太陽光発電システムですが、既存の邸宅でも導入される方が増えています。これまで年間にかかっていた光熱費を削減するのはもちろんですが、断熱リフォームと合わせて、新潟の冬を快適に過ごせる暖房機器の見直しもご提案いたします。

photoランニングコストを抑えるため、灯油利用の床暖房をご利用の皆様には、ヒートポンプ型床暖房への切り替えをおすすめします!
 昨今の灯油値上がりの影響もあり、熱源に灯油を用いた床暖房のランニングコスト(熱量費)は増加傾向にあります。冬の長い新潟で床暖房をご利用になる皆様にとって、このランニングコストの差は、年間でみるとかなりの金額差になってきます。そこで、そんな皆様におすすめしたいのが、灯油型床暖房の熱源部分をヒートポンプ型に切り替えるリフォームです。 (熱源部分のみの取り換えなので、費用もわずかです)
 ヒートポンプ型の床暖房は、大気の熱をくみあげて利用するため、非常に熱効率が高く、消費電力の3倍の熱エネルギーを床暖房に利用できます。つまり、灯油型よりもランニングコストを大きく抑えることができるというわけです。また、電力利用のためCO2の排出もなく、地球にやさしい床暖房でもあります。

時代の家niigataのリフォーム事例

B様邸リフォーム事例 家族構成の変化にともない本格リフォームを実施。
広々したリビングに改築し、断熱施工も行いました。

 家族構成の変化にともなって、駐車場スペースの拡大や、2部屋の間仕切り壁を壊して、広々としたリビングへとリフォームしました。リビングのリフォームに際しましては、当社「ゼロの家®」で培った断熱ノウハウを活かした断熱施工を行い、「使い勝手が良く、快適になった」と、お客様にもたいへん喜んでいただきました。
B様邸リフォーム事例

Y様邸リフォーム事例 畳からフローリングへ。京壁仕上からクロス仕上へ。
和室から洋間へのリフォームを行いました。

 和室の畳をフローリングに張り替えて、四方の壁も京壁仕上からクロス仕上へとリフォームし、部屋が明るくなりました。また、傷んでいた玄関まわりの廊下の床もすっきりと張り替えました。
Y様邸リフォーム事例

 
▲ページの先頭に戻る