家づくりの基本理念家づくりの基本理念イメージ

本当の「健康」を真髄から実現した家づくり。

photo家族がずっと健康で、幸せな「上質な暮らし」を
おくるための条件とは何でしょうか?


環境に優しい家であること
家の中が一年を通して、常に快適に過ごせること
家族全員が笑顔で暮らせる家であること


これらは住まいの基本性能として絶対に必要なこと。
更にこれからのワンランクアップした上質な暮らしを送るために必要な条件があります。 それは、

家族の健康に配慮した、安心・安全で人にやさしい住宅をつくること

この全ての条件を叶え、年月を経ても常に上質な家に“深化”する家を時代の家niigataはつくり続けます。

健康

家が家族をアシスト 本当のバリアフリーとは 安全安心の家づくり

・温度のバリアフリー

家の中がどこでも一定の温度になる技術で、結露やヒートショックを防ぎ家族全員に優しく、安心な環境をつくり出します。

・空間のバリアフリー

空間のバリアフリーの技術は子どもの成長や家族介護などの生活変化にも柔軟に対応できるプランニングをベースとして、限られた空間をより友好的に活用します。

・湿度のバリアフリー

湿度を一定にする技術で、過乾燥を防ぎ家族だけでなくお家も全て健康で長寿命です。

 温度が全室一定の「ハイブリッドどまだんシステム®」が家族の健康を支えます。

環境

ゼロの家® 太陽光でCO2削減 地球にやさしく お財布にもやさしい

ゼロの家「ゼロの家®」は当社オリジナルの全館暖房システム「ハイブリッドどまだんシステム®」とオール電化、太陽光発電の組み合わせにより、年間を通して家庭の使用光熱費ゼロを目指すCO2排出ゼロの次世代エコハウスです。

性能

ハイブリッドどまだんシステム® 快適な暮らしを全館暖房で叶える

ハイブリッドどまだんシステム概念図
※クリックで拡大

「ハイブリッドどまだんシステム®」とは、家屋の床下土間コンクリート部分の全面にパイプを埋めて、そこに温水を通すシステム。気密性・断熱性を高め、家全体が均一に暖まるため、部屋ごとに温度差が生じない温熱環境のバリアフリーを実現しています。また、暖房器具を必要としないため部屋を広く使うこともでき、暖房器具による火傷や火災の心配がまったくありません。
 
▲ページの先頭に戻る